読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

python + opencv で画像を回転

画像処理 opencv python

python + opencvのアフィン変換を使って画像を回転

 

import numpy as np
import cv2

# 画像読み込み
img_src = cv2.imread("001.png")

# 画像サイズの取得(横, 縦)
size = tuple([img_src.shape[1], img_src.shape[0]])

# 画像の中心位置(x, y)
center = tuple([int(size[0]/2), int(size[1]/2)])

# 回転させたい角度(正の値は反時計回り)
angle = -45.0

# 拡大比率
scale = 1.0

# 回転変換行列の算出
rotation_matrix = cv2.getRotationMatrix2D(center, angle, scale)

# アフィン変換
img_rot = cv2.warpAffine(img_src, rotation_matrix, size, flags=cv2.INTER_CUBIC)

# 表示
cv2.imshow("Show ROTATION Image", img_rot)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyAllWindows()

 

src

f:id:skattun:20170219183609p:plain

 

dst

f:id:skattun:20170219183900p:plain

 

参考にしたサイト:

Python OpenCV3で画像のアフィン変換(中心を指定した回転) | from umentu import stupid

画像の幾何学変換 — opencv 2.2 documentation